障害手帳を取得しているならば、もしかしたら育児支援ヘルパーの活用ができるかもしれません。
私は渋谷区独自のサービスですが、ホームヘルプサービスというものを利用して、審査の結果、月23時間以内、月額9300円を上限に、育児支援ヘルパーをお願いしています。自己負担額は1割です。
サービス内容としては、沐浴、洗濯、哺乳類を洗う、ちょっとしたお守などです。こちらも保健師を通して相談して、サービス計画作成者に依頼し、審査があり、利用決定されるものなので、まずは相談してみてください。

また、地域でも産褥ヘルパーなど格安で頼める場合がありますので探してみてください。

それから、子育て支援センターなど乳幼児のための児童館のような遊びの場もどこの市区町村にもあるかと思います。渋谷区では子育て支援センター内でも通院などを理由に一時預かりをお願いすることができます。
これは支援センターが開いている9時~16時半までの間、予約人数に限りありなど、条件がありますので問合せしてみてください。

民間でも、私は生協の会員が利用できる有志のヘルパーサービス「プチトマトの会(http://mirai.coopnet.or.jp/event/area_info/tokyo/tasukeai/)」を利用してみたり、地域で様々なサービスがあるかと思いますので是非チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA