こんにちは、双極性障害で通院加療中のayumiです。

私のように精神疾患の方は、月に何度か通院・服薬治療をなさっていたり、カウンセリングを受けたりしていると思います。

そこで問題になるのが、やはり金銭的負担

ただでさえ体調不良で働けなかったり、疲れやすかったりして日々の生活が大変な状況。

金銭的負担まで加わり、通院や薬が続かない方もいらっしゃるんだとか。


そんな精神疾患をもつ患者の医療費の助成制度があります。

それが自立支援医療といいます。

自立支援医療(精神通院医療)の概要

1 精神通院医療の概要

精神通院医療は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第5条に規定する統合失調症、精神作用物質による急性中毒、その他の精神疾患(てんかんを含む。)を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対し、その通院医療に係る自立支援医療費の支給を行うものです。

2 実施主体

都道府県・指定都市

3 創設年度

平成18年度(旧制度は昭和40年度創設)

4 精神通院医療の範囲

精神障害及び当該精神障害に起因して生じた病態に対して病院又は診療所に入院しないで行われる医療(通院医療)です。
症状が殆ど消失している患者であっても、軽快状態を維持し、再発を予防するためになお通院治療を続ける必要がある場合も対象となります。

5 対象となる精神疾患

  • (1)病状性を含む器質性精神障害(F0)
  • (2)精神作用物質使用による精神及び行動の障害(F1)
  • (3)統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害(F2)
  • (4)気分障害(F3)
  • (5)てんかん(G40)
  • (6)神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害(F4)
  • (7)生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群(F5)
  • (8)成人の人格及び行動の障害(F6)
  • (9)精神遅滞(F7)
  • (10)心理的発達の障害(F8)
  • (11)小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(F9)
  • ※(1)~(5)は高額治療継続者(いわゆる「重度かつ継続」)の対象疾患
  • 厚生省ホームページ(自立支援医療)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/jiritsu/index.html

申請方法

基本的に、各市区町村の役所、保健所で手続きをします。

<必要なもの>

申請書、印鑑、保険証、医師の診断書(指定書式有)、課税証明書(自立支援医療)、マイナンバーのわかるもの…などです。

※市区町村により違いがあるかもしれませんので、お住まいの地域に確認してください。

<申請書類の入手場所>

●所定の申請書書式一式(申請書、診断書書式、委任状など)

⇒市区町村管轄の窓口(区役所など)で受け取ります。遠方の場合などは、郵送でも取り寄せ・申請のやり取りができます。

●診断書

病院の主治医に作成依頼をします。障害者手帳も一緒に申請している場合は、同じ申請書で代用することができる場合があります。

●課税証明書

基本的に役所で。マイナンバーカードを使ってコンビニプリントでも有料で発行できますが、役所に「自立支援医療で使う課税証明書です」と断りを入れると、無料で課税証明書を発行してくれる場合があります。(障害年金の申請に使う課税証明書も無料です。)

<更新時の手続き>

基本的に1年更新になります。更新月の2か月前から手続きができます。

診断書なしで更新できる年と、要診断書の年があります。

更新時要診断書の場合で、障害者手帳も同時期に申請している場合、障害者手帳の更新に使った診断書で代用できる場合がありますので、役所窓口の方に確認してみてください。診断書料がその分節約になります🎶


スムーズな申請手順

1.役所から申請書類一式と課税証明書を同時に取り寄せる。また、必要なものも一緒に確認しておくと◎。

2.申請書に必要事項を記入(通っている病院と薬局を決めて記入します。基本的に子の申請書に記載した医療機関・薬局のみ自立支援医療助成の対象になります。)

3.通院時に医師に診断書の作成依頼をする。(病院により日数を要することも有)

4.必要物を持参して、窓口で申請手続き。仮で控えを貰うので、それを医療機関に持って行けば、その日から自立支援医療の助成を使ってお会計ができます。

5.後日郵送で都道府県から受給者証と医療費の管理表が発行されます。なくさず保管し、通院の際は必ず医療機関・薬局に提示しましょう。未提示の場合、自立支援医療は適用されません。(1か月以内に改めて提示で返金してもらえる病院もあります)


肝心の、自己負担額は?

所得に応じて上限額が設けられます。基本的に1割負担です

健康保険の医療費は3割負担なので、2割安くなるのは有難いですね。

私は一回の受診料が1500円⇒500円となりました。

そして。

我が家は大して稼いでいないので…

独身時代、月給21万円(手取り)程度だった頃は上限額10,000円/月でした。

その後結婚・出産、3人暮らしで旦那さんの給料だけになると上限額5,000円/月に下がりました。笑

そして2年後。働いて旦那さんの扶養から外れました。前年度の収入により上限額が決定するため、無職になった私は所得0で非課税証明書を提出。自立支援医療の上限額は0円となりました。

何度通院しても無料なのは大変助かります。(でも働いた方がそれ以上に稼げるんですけどね。)

しかし退職⇒健康保険が社会保険から国保に切り替わりました。

国保の場合、他の家族も国保に加入していると、その家族も含めた前年度の世帯収入で負担額が決定されるそうです。

なのでまた上限額5,000円に戻ってしまう可能性大ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA